Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By Grand Prix de France Moto - Officiel

「失われた時間を取り戻す必要があり、限界を越えてしまった」

困難だった19年を経て、20年に存在感を発揮したが、一貫性の欠けていたことを反省。

「これは両手を広げて迎えてくれる偉大なチーム、プラマック・レーシングからドゥカティ機を継続して走らせるという勝利の賭けだ。今年は失われた時間を取り戻し、最高のレベルに位置するということを理解した。そのことをドゥカティと共に識別できたことが嬉しい。これは来年に向けて動機を与えてくれる。」

「これは両手を広げて迎えてくれる偉大なチーム、プラマック・レーシングからドゥカティ機を継続して走らせるという勝利の賭けだ。今年は失われた時間を取り戻し、最高のレベルに位置するということを理解した。そのことをドゥカティと共に識別できたことが嬉しい。これは来年に向けて動機を与えてくれる。」

「チャンピオンシップだけを考えると、僕は一貫性に欠けていた。失われた時間を取り戻す必要があるということは、時々、限界を越えてしまうことを意味する。幾つかのミスを犯してしまったけど、巻き返しが最も重要だった1年を通じて、学ぶことが許された。」

「技術面に関して、実際に今年のバイクと来年のバイクのどこが違うのか解らない。通常、表彰台や勝利を追求するために、レースで良いフィーリングを感じ、そして、より効率の良い走りをするには全ての小さな改善が必要で、どれほどの違いがあるのか正確に言うことができないけど、紙面上では、今年使用したバイクよりも戦闘力がある。ジャック・ミラーのシーズン終盤を考慮すれば、来年使用するバイクで良い感触を掴むことができ、本当に上手くやれると考えさせられる」と、デスモセディチGP20への期待を語った。