Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By @skysportmotogp

「ジャック・ミラーはタイトル候補の1人」

同僚のバグナイアと中量級から昇格させたバスティアニーニ、マリーニ、マルティンに期待。

イタリアで生中継を提供する『Sky Sport Italia』は、アンドラで開催されたエスポンソラマ・レーシングのチーム発表会に出席したドゥカティ・コルセのスポーティングディレクター、パオロ・チャバッティのインタビューを紹介。今季起用するヤングライダーたちの期待を語り、ジャック・ミラーがタイトル候補であることを主張した。

「我々は若手に集中しました。オフィシャルチームには経験がある2人を起用します。ジャック・ミラーは26歳、ペッコ・バグナイアは24歳です。そして、将来性のある3人の新人、エネア・バスティアニーニ、ルカ・マリーニ、ホルヘ・マルティンを起用します。」

「アンドレア・ドビツィオーソ、ダニロ・ペトルッチと以前から起用していたライダーたちに最大の敬意を表し、ドゥカティの将来を考えた場合、変更の時期が来ました。長い年月が経過した後、輝く将来に向けて、新たなエネルギーと若いライダーたちを注入することが必要でした。最高峰クラスで彼らが才能を証明するために、最善の条件を与えましょう。」

「ジャックとペッコは、大変上手くやるための特徴があると思います。ジャックは素晴らしい形で2020年シーズンを終えました。同じ形で2021年シーズンを始めることができれば、疑いなく、チャンピオン候補です。もしかしたら、最初からチャンピオンシップにおいて重要なライダーになるために必要なものをもっていると思われます。」

「ペッコには、その能力がないという意味ではありません。グッドなスタートを切りましたが、転倒が原因で数戦の欠場を強いられ、ミサノで戻ってきたときには、素晴らしいレースをしました。経験は少し少ないですが、彼には大きなことを期待しています。」

「バスティアニーニとマリーニは、チャンピオンとランナーアップ(総合2位)であり、選択はチャンピオンシップの最終的なリザルトだけでなく、シーズン中のリザルトが決め手となりました。エネア、ルカ共に素晴らしいチャンピオンシップでした。速いだけでなく、困難な状況に対処するために成熟したことを証明しました。」

「ルカは、残念なことにルマンで悪い転倒を喫したことで、その後のレースに影響しましたが、我々は中量級からベストな選択をしたと考えます。最も将来性のある2人のイタリア人ライダーがドゥカティと共にデビューすることは、疑いなく、大きな満足感です」と、期待の高さを説明した。

2月9日にチーム発表会を実施するドゥカティ・チームのジャック・ミラーとフランチェスコ・バグナイア、プラマック・レーシングのヨハン・ザルコとホルヘ・マルティン、エスポンソラマ・レーシングのエネア・バスティアニーニとルカ・マリーニは、テストライダーのミケーレ・ピロと共に、2月10日から2日間、第4戦スペインGPの開催地に指名されたヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトでプライベートテストを実施する。

推奨記事