Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By TMCBlog.com

ヤマハがホールショットデバイスを投入

スタートでポジションを落とす課題の克服に向けて、ホールショットデバイスを開発中。

インドネシアのモーターサイクルウェブ、『TMCblog.com』は、マーベリック・ビニャーレスのインタビューを紹介。2月7日からセパン・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストに向けて、1年前に同テストでドゥカティが投入したホールショットデバイスを試すことを明かした。

「僕たちは多くのトラックで速い。僕たちのシャーシは最高だ。トップスピードはベストではないけど、マネージメントができることから、僕としては、スタートに集中しなければいけない。ヤマハは予選ですごく良い。常に1列目、またはポールポジションを獲得するけど、1ラップ目が厳しい。スタートの改善が必要。これは今年改善しなければいけないことの1つだ。」

「全てのヤマハ勢がスタートで大きくポジションを落としてしまうことから、スタートが非常に重要となる。ファクトリーはライバルたちのようなデバイス、または新たなデバイスをマレーシアで試せるように、この冬は懸命に開発作業に取り組んでいる。」

「スタートに集中。トップスピードを大きく失われないように集中しなければいけないと考える。マレーシアには大きく改善された新しいマテリアルが用意されるだろう。確認しよう。バレンシアとヘレスのテストは、ウェットを含めて全てのコンディションで非常に良かった。このことが重要だ。」

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPは、2月6日にセパン・インターナショナル・サーキットでチーム発表会を開催。7日から3日間のオフィシャルテストに参加する。

VideoPass』では、3月2日までの動画視聴を提供する『20年オフシーズン』と11月16日まで視聴が可能な『20年シーズン』のパッケージを提供。