Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By CRASH

ドゥカティがザルコ車の改善を支援

5人目のファクトリーライダー、ザルコに1年落ちのデスモセディチGP19を供給。

イギリスのモータースポーツ専門ウェブサイト、『CRASH(クラッシュ)』は、ドゥカティ・コルセのジェネラルマネージャー、ジジ・ダリーニャが昨年末に契約を締結し、プライベートチームからサテライトチームに昇格したレアーレ・アビンティア・レーシングから参戦するヨハン・ザルコのサポートに関して言及した発言を紹介。

「結果次第。最も重要なことは結果です。ヨハンがグッドなリザルトを獲得できることを証明すれば、サポートしなければいけません。私はキャリアを通じて、一緒に働いてきた全てのライダーたちを支援しました。将来も続けます。それができないようでは、仕事を変えなければいけません!」

「エンジンは、シーズン前に封印することから変更することはできませんが、私は改善に対してオープンです。冗談ではありません。真面目な話しで、エアロダイナミクスの仕事をする可能性があると思います。」

レアーレ・アビンティア・レーシングは、2月7日からセパン・インターナショナル・サーキットで開催される今年最初のオフィシャルテストに参加。ザルコは、19年型のドゥカティ車、デスモセディチGP19を初試乗する。

VideoPass』では、3月2日までの動画視聴を提供する『20年オフシーズン』と11月16日まで視聴が可能な『20年シーズン』のパッケージを提供。