Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By Moto Journal

「実際のところ、それほど多くないけど、弱点を感じた」

王者マルケスに挑んだクアルタラロがバトル中に見つけた弱点を確認し、再挑戦を宣言。

フランスの専門誌、『Moto Journal(モト・ジャーナル)』は、最高峰クラス1年目に総合5位に進出して、ルーキー・オブ・ザ・イヤーとベスト・インディペンデント・チーム・ライダーの2冠を達成したファビオ・クアルタラロがサンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP、タイGP、日本GP、バレンシアGPで優勝争いを繰り広げたマルク・マルケスと新天地に移籍した同胞のヨハン・ザルコに関して語ったインタビューを紹介。

「確かに現時点でマルクがナンバーワン。僕は懸命に働き、彼の全ての弱点を確認しなければいけない。実際のところ、弱点はそれほど多くないけど、幾つかのことを感じた。幾つかの弱点を見つけ出したのは興味深い。その中の1つが彼に勝つためのカギとなるかもしれない。」

「ヨハンがKTMに所属したとき、ポル・エスパルガロ以外に参考となることが多くなかったけど、これからは、ファクトリーチームの2人とプラマックの2人がいる。優勝を挙げ、表彰台を獲得したことから、ドゥカティ車は良く機能する。上手くできない理由が見つからない。彼はストロング。グッドなリザルトを獲得できるだろう。」

VideoPass』では、3月2日までの動画視聴を提供する『20年オフシーズン』と11月16日まで視聴が可能な『20年シーズン』のパッケージを提供。

推奨記事