Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By SKY SPORT

「相互の合意の下で決断。バレは落ち着いています」

アシスタントを務める友人のウーチョがロッシの意志を代弁し、ロレンソの加入を歓迎。

イタリアの放送局、『SKY SPORT(スカイスポーツ)』は、イタリア・タヴッリアのモーターランチで開催されたスカイ・レーシング・チーム・VR46のチーム発表会で、モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPから参戦するバレンティーノ・ロッシの友人であり、アシスタントを務めるアレッシオ・ウーチョ・サルッチのインタビューを紹介。

29日にヤマハ発動機から発表されたロッシの将来に関して、「多くの反響を呼んでいますが、我々はヤマハ、リン・ジャービスと共に1か月間に渡って話し合いを行い、相互の合意の下で、一緒に決断を下しました。デリケートな選択でしたが、ヤマハとは素晴らしい関係があります。」

「話し合いは透明性がありました。決断を下すために多少の時間を要求しましたが、ライダー市場を理解しています。バレは落ち着き、来季も継続する意志があり、もし結果が向上し、速く走れれば、オフィシャルバイクが提供されることから、ペトロナスにとっては最高の解決策となるでしょう。ペトロナスは悪いチームではありません。クアルタラロとモルビデッリは素晴らしいシーズンを過ごしました。」

「テストと序盤戦を評価できることから、彼に落ち着きをもたらしてくれます。その後に、ペトロナスから参戦するか、引退するかを含めて決断を下します。」

30日に発表されたホルヘ・ロレンソのテストライダー就任に関しては、「ロレンソのようなライダーがバレンティーノのために働くために起用されることは幸せです。」

「ロレンソはロレンソ。昨年は厳しいシーズンを過ごしましたが、我々と同じようにヤマハを理解し、5度のタイトルを獲得したチャンピオンです。ヤマハは彼と契約するという素晴らしいオペレーションをしました」と、好評価を語った。

VideoPass』では、シェイクダウンテストとオフィシャルテストの動画を配信。

推奨記事