Tickets purchase
VideoPass purchase
News
24 days 前
By @valeyellow46

ロッシ「やることが2つある、それは息子と10度目のタイトル」

友人たちとのビデオチャットで、09年以来11年ぶりとなるタイトル獲得に挑むことを宣言。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、不要不急の外出が禁止されている中、交際相手のフランチェスカ・ソフィア・ノヴェッロと母親ステファニア、友人のシンガーソングライター、ジョヴァノッティとコメディアン兼テレビ司会者のロザリオ・フィオレッロとの間でソーシャルメディアのインスタグラムを通じた会話を公開。

ジョヴァノッティ「この時期を乗り越えたら、2人の結婚式を仕切るよ。今一緒に家にいるなら、母親が市役所に行った隙きに子作りに励めばいい。」

ロッシ「ウフフ、それはどうだろう。1秒遅くなったら、辞めることになってしまう(パドックでは父親にあると1周で1秒遅くなると言われる)。」

フィオレッロ「名前はどうする?」

ロッシ「ウフフ、どうだろう。」

フィオレッロ「ムジェロはどうだい。」

ジョヴァノッティ「知っているかい?僕が飼っている犬の名前は『オット(イタリア語で数字の8を意味)』。君が8度目のタイトルを獲得した日にもらったから。次は『ディエチ(数字の10)』にしたい。」

ロッシ「トライしよう。僕にはやることが2つある。1つは息子、もう1つは10度目のタイトルなんだ。」

ロッシは新型コロナウイルスの影響により、自宅でのフィジカルトレーニングを中心に最高峰クラス21年目、キャリア通算25年目のシーズンに向けて準備を進めている。

推奨記事