Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 hours 前
By DAZN España

ロッシに1度だけ勝ったエリアス「彼の心の傷はまだ癒やされていない」

0.002秒差で競り勝ったことで、2週間後のバレンシアでタイトル争いを左右した5ポイントを奪ったことを振り返る。

スペイン国内で中継を展開する『DAZN(ダゾーン)』は、『Moto2™クラス』の初代王者でモトアメリカに参戦するトニ・エリアスを紹介。06年第16戦ポルトガルGPでバレンティーノ・ロッシに0.002秒差で競り勝ち、最高峰クラスでの初優勝を達成。

2位で20ポイントを稼ぎ、ポイントリーダーに飛び出したロッシだったが、最終戦バレンシアGPの転倒リタイアが原因で、僅か5ポイント差で6連覇を逃した当時を振り返った。

「毎年オースティンでバレンティーノに会うけど、まだ心の傷は癒やされていないから、許してくれない。ひどいことだけど、もう過ぎたこと。友人の関係に戻るときだけど、可能ではないようだ。決して許してくれないだろう。」

「最も重要なことは、誰とファイトをしたかということ。バレンティーノ・ロッシだ。キャリアで1度しか勝つことができなかった。ミシュランが土曜にニュータイヤを供給してくれ、コンマ7秒もレースペースがアップしたから、優勝争いができた。ミシュランに感謝したいけど、あのタイヤはシーズンを通じて、ベストライダーたちに供給されていたことを知ったときは、ものすごく腹が立った。僕たちへの供給が始まったのは、ラスト2戦からだった。」

「バレンティーノを歴代最高のライダーだと考える。少し前までは。今はマルク・マルケス。彼が全てを越えてしまうだろう。彼はブルータル(冷酷で厳しい獣という意味で、素晴らしいと称賛する場合に表現するスラング)だ!」

37歳のスペイン人ライダーは、初参戦の16年に総合3位、17年にチャンピン、18年に総合2位、19年に総合2位を獲得したモトアメリカに継続参戦。

第16戦ポルトガルGP『MotoGP™クラス』~フルレース

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。ユーザー登録を希望する方は、『ユーザー登録』まで。