Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 hours 前
By worldsbk.com

スーパーバイク王者が過去に最高峰クラス参戦の可能性を告白

18年5月に現役から引退するペドロサの後任として、レプソル・ホンダと交渉。

Tags MotoGP, 2020

スーパーバイク世界選手権のオフィシャルウェブサイト『worldsbk.com』は、カワサキ・レーシング・チーム・ワールドスーパーバイクに所属する現王者ジョナサン・レイのインタビューを紹介。19年シーズンに最高峰クラスへ転向する可能性があったことを打ち明けた。

「カワサキが『MotoGP™クラス』に復帰することを疑う。そうなれば夢のようだけど、復帰に関して会話をしたことが一度もないし、そう感じたこともない。オプション?正直それほど多くなかった。『行くべきだ』と人々から何度も同じことを言われ、理想的な世界なら、自ら所属する場所を選びたいけど、過去にはそれほど多くのオプションはなかったし、具体的にならなかった。」

「ダニ・ペドロサの引退の話しが出たとき、(18年の)ルマンの週末だったと思うけど、パーソナルマネージャーがレプソル・ホンダ・チームのバイクに乗れるように動いてくれた。もしかしたら、まだカワサキと契約を更新していなかったかもしれない。行ければクールだっただろう。」

「合意は後回しにされ、2番手に置かれてしまい、ホルヘ・ロレンソと交渉していることに気づいた。それ以外では、アプリリアが僕のところに一度来てくれた。本当に興味深いものではなかった」と、当時を回想。

12年の第13戦サンマリノリビエラ・ディ・リミニGPと第14戦アラゴンGPにケーシー・ストーナーの負傷代役として2戦に参戦。8位と7位でフィニッシュしていた。

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。