Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By DAZN España

「もてぎに到着し、ロッシ機が供給され、バロスが勝ちました」

4ストロークマシンの1戦目で優勝を挙げた02年の第13戦パシフィックGPを回想。

Tags Moto2, 2020

スペインで生中継を配信する『DAZN(ダゾーン)』は、中量級に参戦するフレックスボックス・HP・40のチームマネージャーで、2002年にウエスト・ホンダ・ポンスを率いた元中量級王者シト・ポンスを招待。

2ストローク勢最高位となる総合4位に進出していたアレックス・バロスがツインリンクもてぎで開催された第13戦パシフィックGPでシーズン初優勝を挙げた当時の思い出を回想した。

「2002年は移行のシーズンでした。2年前に4ストロークの技術を導入する決定が下されたことを憶えています。当時はファクトリーチーム(ホンダ、ヤマハ、スズキ)が4ストロークマシン、サテライトチームが2ストロークマシンを使用していました。我々は2ストロークマシンで大変良いシーズンを実現させ、ホンダから1台の4ストロークマシンを供給するから、誰を乗せるのか決めるように言われました。」

「驚きでした。我々は4台の2ストロークマシンと共にもてぎに到着すると、バレンティーノ・ロッシが使用していた1台の4ストロークマシンが供給され、勝ちました。誰も期待していなかったことです。もてぎから最終戦まで、4ストロークマシンを走らせたバロスは誰よりも多くのポイントを稼ぎました。チャンピオンシップが4戦だけだったら、タイトルを獲得したでしょう。」

2020年は、総合2位のロレンソォ・バルダッサーリと共に2013年以来7年ぶりとなるタイトルを目指す。

「バルダッサーリはチャンピオンに到達できると思います。それが我々の目標です。緒戦は2位。とても良い形でスタートを切りましたが、勝つことがベストです。シーズン再開はヘレスでの2連戦。彼は昨年、一昨年に我々と共にヘレスで優勝を挙げたことから、とても良い感じでヘレスを迎えます。」

第2戦スペインGPは7月19日、第3戦アンダルシアGPは7月26日にヘレス・サーキット-アンヘル・ニエトで開催。

MotoGP Race - Full Video - Motegi

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。