Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By Bike Sport News

「残留できるかもしれないけど、可能性は低い」

来季の去就に注目が集まるクラッチローがLCR・ホンダからアプリリアに移籍する可能性を言及。

イギリスのモータースポーツ専門ウェブサイト『BSN(バイクスポーツニュース)』は、参戦10年目を迎えるカル・クラッチローが注目される来季の去就に関して状況を説明したインタビューを紹介。

「ホンダと過ごした時間は最高だった。一緒に多くのことを達成したけど、全ての良いことはいつか終わりが来なければいけない。ここまでに表彰台を19回獲得。そのうち12回はルーチョ・チェッキネッロとチームと一緒に獲得した。タカ(中上貴晶)と合意しない場合、今のチームに残留できるかもしれないけど、その可能性は低いと思う。」

「正直なところ、悪く感じない。自分がしていることを楽しみたい。金銭面ではなく、アレイシ・エスパルガロと一緒にアプリリア機を開発することはすごく楽しいだろう。」

「所属する全てのメーカーと一緒に表彰台獲得にトライする機会だと思う。プロジェクトに多くの約束をもって、バイクの開発を助けることを決心した。それができると確信する。一度言ったと思うけど、僕は引退した。幸運にもメーカーはそう思っていないし、幸いカルメロ・エスペレータとは良好な関係がある」と、現役を継続し、今季末で契約満了となるHRCとLCR・ホンダからアプリリアに移籍する可能性を示唆した。

VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦スペインGPの最高蜂クラス写真撮影会から最終戦バレンシアGPの決勝レース共同記者会見まで、全戦を完全網羅の生中継で配信。