Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By motorsport.com

「ダビデ・ブリビオの不在は影響するけど、ネガティブではない」

現体制で十分にシーズンを戦えることから、急いで後任を探す必要がないことを説明。

Tags MotoGP, 2021

モータースポーツの専門ウェブサイト『motorsport.com』のスペイン語版が提供するポドキャスト『¡POR OREJA!』は、チーム・スズキ・エクスターから所属5年目を迎えるアレックス・リンスを紹介。契約満期後に四輪の最高峰『F1世界選手権』のアルパイン・チームに移籍したダビデ・ブリビオに関して心境を語り、現体制で十分にシーズンを戦えることを語った。

「発表の前日に電話をもらった。チームから去ると言ったとき、最初はちょっとした冗談だと思ったけど、そうではなかった。大きな驚きだった。スズキで素晴らしい仕事をしてくれ、彼にとって新たなアバンチュールが始まる。」

「僕たちの関係はすごく良い。この数年間、僕にしてくれた全てのこと、最高峰クラスに昇格する機会を与えてくれたこと、負傷のときも信頼してくれたことに大変感謝している。」

「彼の離脱に関して、スズキと話しをしていないから、どうするか知らないけど、僕がスズキの幹部なら、現状を維持するだろう。結局のところ、今年は大きな変更ができない。エンジンは凍結され、チームの波長は良い。将来に向けて誰かを探すことになるだろうけど、それは、急いで探すということではない。間違いやすいから。」

「ダビデのポジションが空席となってしまった。彼の不在は影響するだろう。しかし、それはネガティブではないと思う。チームの波長は信じられないほど良い。これはダビデの功績でもある」と急いで新任のチームマネージャーを探す必要がないことを説明した。