Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By Sky Sport Italia

ドゥカティ、開発の焦点は空力

エース格となるミラーのタイトル争いと3年目バグナイアのさらなる成長に期待。

Tags MotoGP, 2021

イタリアで中継を提供を提供する『Sky Sport(スカイ・スポーツ)』は、ドゥカティ・コルセのジェネラルマネージャー、ルイジ・ダリーニャが2021年シーズンにファクトリーチームで起用するジャック・ミラーとフランチェスコ・バグナイア、サテライトチームから最高峰クラスに昇格するエネア・バスティアニーニとルカ・マリーニへの期待とプロトタイプマシンの開発に関して説明したインタビューを紹介。

「今年は困難な年の後で特殊なシーズンとなるでしょう。技術的な制限が多く、エンジンは凍結されることから、シャーシにも影響が及びます。我々は想像力を注ぎ込み、空力に関しては、さらなる開発が進むことを期待します。可能な限りの努力を集中しました。エアロダイナミクスの開発を進めます。」

「ミラーは終盤に成長を遂げました。ファンタスティックなレースを行い、あの調子を維持すれば、タイトル候補になるでしょう。バグナイアは、多くのレースでグレートなことをしました。タイトルを争うには2つのポイントがあります。継続性に取り組む必要があり、特に特定のトラックでタイヤのパフォーマンスを最大限に引き出さなければいけません。1年間で驚異的に能力が飛躍しました。再び成長すれば、闘えるでしょう。」

「今年はストレンジなシーズンとなります。テスト回数が少ないことから、バスティアニーニやマリーニのような新人にとっては問題となります。彼らは多くのテストを消化することができず、僅かな走行距離で初戦を迎えることになることから、序盤は彼らにとって、テストとなります。」