Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By AS

「勝利はマルクがバイクに乗ることを忘れなかったことを意味する」

負傷から復帰した厳しいシーズンにおいて、優勝は重要な意味があり、ザクセンリンクの優勝は格別だったことを打ち明ける

スペインのスポーツ紙『AS(アス)』は、第15戦アメリカズGPで優勝したマルク・マルケスのクルーチーフ、サンティ・フェルナンデェスのインタビューを紹介。厳しいシーズンの中で今季2勝目を挙げた意味を説明した。

「マルクとチームにとって大きな意味を持つ。彼にとっては喜びであり、表彰台の最上段に登壇することは、バイクに乗ることを忘れていなかったことを意味する。彼の回復に関わる全ての人たちに対する報酬であり、容易なシーズンでないことから、我々にとっても同じだ。この結果は、我々にとって、特に苦しんでいるマルクにとって、励みとなり、喜びを感じさせてくれる。」

「ドイツもオースティンも重要な勝利。1年間走れなかった後で戻って来た状況から、1つ1つの勝利が重要であり、どれも軽視するつもりはない。確かにドイツでは久々の優勝、復帰後の初勝利ということもあり、とても感動的だった。」

「我々は幾つかのレースを積み、マルクは少しずつ回復している。簡単なシーズンではないことから、グッドなリザルトは喜びであり、マルクは怪我とグッドなリザルトを獲得できないことに苦しんでいることから、彼を嬉しく思う。」

「今シーズン中にもう1勝挙げられたら良い。そのために働くけど、今年は表彰台に登壇することは簡単ではない。上位進出は高いハードルであり、我々にとって、今年はバイクを理解し、改善できるところを見極め、来年に向けでどのように作業を始められるかを確認しているところ。マルクにとっては回復に伴い、いつものフィーリングを少しずつ取り戻して、上位に戻っているところ。」

「身体面に関しては、彼が答えなければいけないけど、我々が望むような100%の状態ではない。少しずつ体調は良くなっている。復帰したポルティマオと比較すると前進した。それが重要であり、回復は停滞しなかった。確かに回復スピードは遅く、遅いと結果を出すこともある程度の時間を費やしてしまうけど、今は以前よりも苦しんでいないようだ。」

残り3戦は、右回りのミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリとアウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェ、左回りのサーキット・リカルド・トルモ。復帰戦となった4月のポルトガルGPは6番グリッドから13秒差の7位。9月のサンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPは7番グリッドから10秒差の4位。2年前のバレンシアGPでは2番グリッドから優勝を挙げていた。

 

29.99ユーロで提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催された第15戦アメリカズGPの全動画をオンデマンで配信