Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ・チーム 2位に126ポイント差

レプソル・ホンダ・チーム 2位に126ポイント差

レプソル・ホンダ・チーム 2位に126ポイント差

レプソル・ホンダ・チームがチャンピオンシップのチーム部門において、他のチームとのポイント差をさらに引き離した。先週末のグランプリでは、バレンティーノ・ロッシと宇川徹の1to2フィニッシュで45ポイントを加算し、合計242ポイントに達した。ウエスト・ホンダ・ポンスが116ポイントで2位の座をキープしている。

2位に僅か4ポイント差まで接近して来たのは、マールボロ・ヤマハ・チーム。カルロス・チェカとマックス・ビアッジがそれぞれ3位と4位を獲得し、29ポイントを加えた。4位はアンテナ3・ヤマハ・ダンティン。ノリックが孤軍奮闘の活躍で、チームの56ポイント中52ポイントを獲得している。今季2度目のスペインでのグランプリで、唯一カネモト・レーシングだけが、ユルゲン・グールベルグの転倒リタイヤにより無ポイントに終わった。

Tags:
MotoGP, 2002, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›