Tickets purchase
VideoPass purchase

ダークドック・チャレンジの責任者ダーク・ラウディス 2003年プランを語る

ダークドック・チャレンジの責任者ダーク・ラウディス 2003年プランを語る

ダークドック・チャレンジの責任者ダーク・ラウディス 2003年プランを語る

1993年の125ccクラスチャンピオンであるダーク・ラウディスは、今、ドイツ人のニュージェネレーションを探している。軽量級最後のドイツ人王者は、来年のダークドック・チャレンジに参戦するライダーの選考を行っている。今大会は、ADACとホンダの協力の下、将来、世界的レベルの大会への参戦を目指し、新人ライダーの養成を目的に実施されている。ライダー選考は10月下旬に開催される最終戦ホッケンハイムまで続けられる。

元世界チャンピオンは、候補者ライダーたちをチェックし、楽観視している。「約500人の希望者の中には、全くモーターサイクルに関わっていない青年もいる。頑張っている姿を見たし、実際に将来有望なライダーもいる。豊富なタレントを持った候補者が多いことに目が引いた。理想のライダーとは、誠実で、軽快で、タレント性を持っていることだ。」と追求するライダー像を語った。

ラウディスは、今大会が将来のMotoGP世界選手権に繋がる理想的な過程であることを確信している。「この有望なライダーたちにとっては、今大会はいい通過点である。しかし、希望者の中から、特別な才能があるライダーを発掘するには、運がなければならない。もう一方で、疑いなく、ダークドック・チャレンジのライダーたちが、国際舞台で重要な貢献をすることになろう。」

候補者たちへの評価に満足感を示すラウディスだが、ドイツ人ライダーが9年間タイトルから遠ざかっていることに懸念を抱いている。「多くの人たちが、このタイトルを考慮したが、一時的なものであった。若者たちの関心の対象が、旅行やインターネットに移り、おそらくレースに参戦するという意欲は薄れてしまったようだ。だから、ダークドック・チャレンジが、このレベルまで注目を呼び起こしたことに、深い興味がある。」

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›