Tickets purchase
VideoPass purchase

失望のシーズンを表彰台で終えたアルサモーラ

失望のシーズンを表彰台で終えたアルサモーラ

失望のシーズンを表彰台で終えたアルサモーラ

シーズン開幕前、250ccクラスでの2シーズン目を迎えたエミリオ・アルサモーラは、タイトル候補の1人として予想されていた。しかし、シーズン前半は両上腕に腕上がりという問題に悩まされ、夏のインターバル中には症状を改善するために手術を受けた。

思うように成績を残せずに迎えた最終戦バレンシアGPでは、地元ファンの前で今シーズン最高のパフォーマンシを披露した。チームメイトのロベルト・ロルフォとのバトルで、スペクタクロを提供し、スペインGP以来の今季2度目の3位表彰台を獲得した。この結果、ポジションを2つ上げ、昨シーズン同様のランキング7位となった。「今日はいいレースが出来たと思う。地元ファンの前で表彰台に立てて、とても嬉しい。最終戦になってしまったが、今日の結果は、これまで僕を応援してくれたチームやスポンサー、そしてホンダの期待に、これで少しは応えられたと思う。本当に一年間、ありがとうございました。」とレース後に語った。

チーム監督のファウスト・グレシーニは、スペインGP以来今季2度目のダブル表彰台獲得に満足感を示した。「250ccクラスで、チームとしては最後のレースとなったが、このような成績を収めることができ、とても嬉しいです。チームにとって、このクラスはハイレベルのモーターサイクルに大きくステップアップする意味がありました。私たちは成長発展し、昨シーズンの加藤のタイトル獲得など、大きな満足を与えてくれました。今回のダブル表彰台は、シーズンを通してのチームとライダーの働きの成果だと強調します。全員に祝福しなければなりません。」

Tags:
250cc, 2002, Gran Premio Marlboro de la Comunitat Valenciana

Other updates you may be interested in ›