Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ、激戦を制す

ロレンソ、激戦を制す

ロレンソ、激戦を制す

シリーズ第6戦オランダGP(Gauloises TT Assen)の決勝レースが26日、アッセン・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソが激戦を制し、今シーズン初優勝を飾った。

ドライ・コンディションの中、4人のライダーがゴールラインまで激しくバトルを展開。最終ラップ、目まぐるしくトップが入れ替わったが、最終コーナーを制したロレンソが僅か0.235秒差でロベルト・ロカテリを抑えた。スパニッシュライダーは昨年のリオGP以来となる2度目の優勝。所属するデルビに00年以来のアッセン勝利をもたらした。

ポールポジションのケーシー・ストーナーは、0.042秒差でアンドレア・ドビツィオーソを抑え、今シーズン3度目の表彰台を獲得。スティーブ・イェンクナー、エクトル・バルベラ、マルコ・シモンセリ、パブロ・ニエト、ミルコ・ジャンサンティ、イレム・トースがトップ10入りし、16歳の少女マルケタ・ヤナコヴァは27位だった。

今シーズンベストの6番グリッドからスタートした宇井陽一は、ポイント圏内を走行中の7ラップ目に失速。8ラップ目にピットインして、リタイヤした。20番グリッドのミカ・カリオは好スタートでトップグループにつけていたが、ラスト2ラップ目にマシントラブルによりリタイヤした。

ポイントランクはドビツィオーソが13ポイントを加算し、通算109ポイントでトップをキープ。ロカテリが13ポイント差の2位に浮上。3位にはバルベラとストーナーが25ポイント差で並ぶ。

Tags:
125cc, 2004, GAULOISES TT ASSEN, RAC

Other updates you may be interested in ›