Tickets purchase
VideoPass purchase

ロカテリ、逆転で2勝目

ロカテリ、逆転で2勝目

ロカテリ、逆転で2勝目

シリーズ第8戦ドイツGP(Veltins Motorrad GP Deutschland)の決勝レースが18日、旧東ドイツ圏ドレスデン近郊のザクセンリンクで行われ、ロベルト・ロカテリが10番グリッドからのスペクタクロなポジション奪取でシーズン2勝目を飾った。

序盤から13人の大集団となった決勝レースは、中盤にパブロ・ニエトが飛び出すと、ポイントリーダーのアンドレア・ドビツィオーソ、前戦勝者のエクトル・バルベラ、マルコ・シモンセリによる優勝争いとなったが、一時は2秒ほど離されていたロカテリが追い上げ、最後はバルベラを0.165秒差で抑え切った。

ニエトは0.009秒差でドビツィオーソを抑え、シーズン2度目の表彰台を獲得すると、11番グリッドのミカ・カリオが第2グループ争いを制し、4位でフィニッシュ。右手小指負傷のホルヘ・ロレンソ、アルバロ・バウティスタ、ミルコ・ジャンサンティ、フリアン・シモンが続いた。

トップグループで走行していたマルコ・シモンセリは、イエローフラッグを無視したためにペナルティーを科せられて13位まで後退。地元スティーブ・イェンクナーもペナルティーを受け、それぞれ10位と11位に終わった。

宇井陽一は6ラップ目にトップに立つなど快走を見せていたが、8位走行中の23ラップ目に転倒リタイヤした。

ポイントランクは4位のドビツィオーソが13ポイントを加算。通算138ポイントでトップの座をキープしたが、ロカテリが7ポイント差に、バルベラが9ポイント差に近づいた。

Tags:
125cc, 2004, ¨VELTINS MOTORRAD GP DEUTSCHLAND, RAC

Other updates you may be interested in ›