Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、初セッションから支配

V.ロッシ、初セッションから支配

V.ロッシ、初セッションから支配

シリーズ第7戦TTアッセンの予選初日フリー走行1は23日、アッセン・サーキットで行われ、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシが2番手以下を大きく引き離すラップタイムを刻んだ。

気温26度。路面温度32度のドライコンディションの中、安全面強化のために改修されたコースでの初セッションで、昨年ポール・トゥ・ウインを決めたイタリア人ライダーは、2分01秒003をマーク。04年勝者のセテ・ジベルナウに0.733秒差をつけ、好発進した。

03年のポールシッター、ロリス・カピロッシとニッキー・ヘイデンの2人も2分01秒台をマーク。マルコ・メランドリ、コーリン・エドワーズ、アレックス・ホフマン、カルロス・チェカ、アレックス・バロスが続いた。

中野真矢は短縮されたコースを確かめるように22ラップを走り、2分02秒862で10番手。玉田誠は19ラップで2分04秒766だった。

Tags:
MotoGP, 2005, GAULOISES TT ASSEN, FP1

Other updates you may be interested in ›