Tickets purchase
VideoPass purchase

苦い誕生日を迎えたM.ビアッジ

苦い誕生日を迎えたM.ビアッジ

苦い誕生日を迎えたM.ビアッジ

TTアッセンの翌日26日に34歳の誕生日を迎えたマクッス・ビアッジは、好リザルトを残せないまま、オランダを後にした。

予選2日目の公式予選。ビアッジはシケインでフランコ・バッタイニとマルコ・メランドリと接触。終了前にスタートダッシュの練習をしたことを含め、レースディレクションから罰金を科せられた。さらに、伯父がメランドリに対して暴力的な行為を振るったことから、年間パスを没収された。

「僕の伯父の行為に対して大変申し訳なく思う。僕を守るために本能的に行動してしまったけど、世界中で最も愛される人なんだ」と、ビアッジは説明した。「あの時、マルコは僕の後ろからシケインの内側に入ってきた。僕をコースアウトさせるためだ。彼は挑発しながら睨むように振り返った。ビデオで観てもはっきりするように、僕は肘を使って、バイク間の距離を維持しようとした。暴力行為をしようとは一瞬も思わなかった。」

「とにかく、マルコに対して批判も否定もない。前のライダーを抜く際にいろいろなことが起こり得る。でも、あのシーンのイメージは本当に良くなかった。」

9番グリッドからスタートしたビアッジは、終始トップグループから離れ、アレックス・バロスと6位争いを繰り広げた。「グリップがなかった。序盤からスライドが激しくタイムロスして行った。セッティングが良くなかった。トップグループから遠かったので、エンジョイできなかった。ハードだった。ラグナセカではいつものポジションに戻り、再びトップ争いができると信じている。」

Tags:
MotoGP, 2005, GAULOISES TT ASSEN, Max Biaggi

Other updates you may be interested in ›