Tickets purchase
VideoPass purchase

WUP:C.ストーナーが一番時計

WUP:C.ストーナーが一番時計

第7戦カタルーニャGPのウォームアップ走行は10日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

第7戦カタルーニャGPのウォームアップ走行は10日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温22度。路面温度28度のドライコンディションの中、4番グリッドのポイントリーダーと2番グリッドのランディ・ド・プニエの2人が1分42秒台を刻めば、ジョン・ホプキンスが3番手。ロリス・カピロッシ、ニッキー・ヘイデンが続き、ダニ・ペドロサは7番手。ポールポジションのバレンティーノ・ロッシは9番手。中野真矢と玉田誠は15番手と17番手だった。

250ccクラスは、ポールポジションのホルヘ・ロレンソがトップ。アンドレア・ドビツィオーソ、マルコ・シモンセリ、フリアン・シモンが続き、青山周平は6番手。青山博一と高橋裕紀は13番手と14番手。マシントラブルに見舞われた関口太郎は26番手だった。

125ccクラスは、9番グリッドのマティア・パシーニが、バンカハ・アスパル勢のガボール・タルマクシ、エクトル・ファウベル、セルジオ・ガデアを抑え、ランディ・クルメンナッハがトップ5入り。小山知良は12番手だった。

Tags:
MotoGP, 2007, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, WUP

Other updates you may be interested in ›