Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハ&V.ロッシが好発進

フィアット・ヤマハ&V.ロッシが好発進

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、昨年開幕戦カタールGP以来21戦ぶりに初日のセッションを制した。

V.ロッシ:初日総合1位

「すごく嬉しい。ビックなセッティングとブリヂストンタイヤのおかげで、最初から速く行けた。午前は一番速かった。午後は路面温度が40度に達して、タイヤが厳しかった。とくかく、タイプ違いのタイヤがたくさんあるから、すごく落ち着いている。僕のリズムはすごくいい。だいたい思ったように走れているから、僕たちは好調だ。」

「ケーシーと僕は大きなステップを果たしたようだ。僕たちは他よりも少し速いから、日曜には昨年のようなバトルが見られるかもしれない。僕たちの今のバイクにはトップスピードがある。ロングストレートでは非常に重要だ。コーナーも上手く攻略していることも忘れてはいけない。日曜の問題は天気かもしれない。今日、もしくは明日とは全く異なることに出くわすかもしれない。もちろん、ドライでレースがしたいけど、ウェットでも好リザルトを獲得できると考える。」

「転倒してしまったロレンソには申し訳なく思う。クラッシュはひどく醜かった。日曜に走れるように回復することを願う。」

Tags:
MotoGP, 2008, PRAMAC GRAND PRIX OF CHINA, Valentino Rossi, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›