Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ&C.ストーナー、バトルの準備OK

V.ロッシ&C.ストーナー、バトルの準備OK

第12戦チェコGPの開催を前日に控えた14日、バレンティーノ・ロッシとケーシー・ストーナーが、プレスカンファレンスに出席。前戦の論争を一掃した。

昨年の勝利者であり、ランク2位のストーナーは、前戦終了後の態度に関して、「時々、あのような形でリアクションを起こす。全てのライダーたちのように。過去には、バレンティーノがトニ・エリアスについて発言した内容に僕は同意した。もしかしたら、レアクションは過剰だったかもしれない」と、サマーブレーク中に話題となっていた論争を一掃した。

「今回、前戦のようにミスを犯してしまうより、僕のライバルたちにプレッシャーを与えるのは悪くないかもしれない。」

25ポイント差のポイントリーダー、ロッシは、「僕にとって、僕たちのチームにとって、ビックなレベルを引き出す能力があったから、ファンタスティックなレースだった。ケーシーとビックな、ビックなバトルだった」と、振り返った。

「昨年のここでのレースは悪かったけど、過去にはいい思い出がある。1996年には初優勝した。新しい路面で、ブリヂストンのグリップとポテンシャルを確認することの大きな関心がある。」

「残り7戦は長い道のりだ。ここから終盤に向かって、異なったキャラクターのコースが多いから、懸命に働かないと。」

ストーナーは、タイトル争いに関して、「バレンティーノにとっては、シーズン末までの道のりは長いけど、僕たちにとっては短時間だ!もっと多くのレースが必要だけど、できることをやるしかない。残りのシーズンがどのような展開となるのか見てみよう」と、ジョークを交えて応えた。

Tags:
MotoGP, 2008, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Valentino Rossi, Casey Stoner, Ducati Marlboro Team, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›