Tickets purchase
VideoPass purchase

A.イアンノーネ、自信の好発進

A.イアンノーネ、自信の好発進

初セッションでイアンノーネが一番時計を記録。ランク1位のディ・メッリオが3番手スタートした。

第12戦チェコGPのフリー走行1は15日、ブルノで行われ、ランク11位のアンドレア・イアンノーネがトップタイムをマークした。

気温22度。路面温度32度のドライコンディションの中、今季飛躍的な成長を遂げた19歳のイタリア人ライダーは、サマーブレーク明けの初セッションで2分10秒510を記録。2番手のニコラス・テロールに0.538秒差のアドバンテージをつけた。

ランク1位のマイク・ディ・メッリオは3番手。隣国出身のガボール・タルマクシ、鎖骨骨折から復帰したポル・エスパルガロが続いた。

ランク2位のシモーネ・コルシは、マシントラブルに見舞われたが、1.105秒差の6番手。ラファエレ・デ・ロサ、ブラドリー・スミス、エフレン・バスケス、サンドロ・コルテセがトップ10入りした。

日本勢では、小山知良がトップから1.402秒差の13番手。中上貴晶が2.991秒差の21番手だった。

ワイルドカード参戦のジョナス・フォルガーは、2.038秒差の16番手だった。

Tags:
125cc, 2008, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, FP1

Other updates you may be interested in ›