Tickets purchase
VideoPass purchase

リズラ・スズキ、バーミューレン&カピロッシと延長契約

リズラ・スズキ、バーミューレン&カピロッシと延長契約

バーミューレンとカピロッシのリズラ・スズキ残留が決定。ヤマハの2チームに引き続き、来季の体制が正式に決定した。

リズラ・スズキは5日、クリス・バーミューレン、ロリス・カピロッシとの延長契約を発表。来年の体制が決定した。

数ヶ月間の交渉を経て、ミサノで契約事項の詳細を詰めたチームマネージャーのポール・デェニングは、「2009年の合意が具体化され、ロリス、クリスと一緒に前進することになり、大変嬉しいです」と喜びの感想を語った。

「ロリスの経験、知識、決定力は、どんなチームにとっても貴重ですが、その上に、彼のレースへの情熱が、チーム全員に伝わります。ベストライダーになるための大きな希望を持ち、スズキは彼の目標達成をサポートするために、これからの数ヶ月間と来年、可能な限り全力を尽くします。」

「GSV‐Rの開発においては、彼の貢献度は非常に高く、ベストライダーたちとの2009年バトルにおいて、スズキを走らせるロリスとクリスに、彼の力が役立つと確信します。」

「クリスは、GSV‐Rを改善する手段が上達し、開発プロセスに加わりました。3年間チームに所属し、4ストロークマシンにおいては最も多くの成功をもたらしたライダーとなりました。その上、スポーツマンとしては、最高のプロフェショナルです。」

史上最多参戦記録を樹立したばかりの35歳イタリア人ライダーは、「もう1年スズキに残ることになり、すごく嬉しい。少しの時間しか経過していないけど、本当に楽しかった」と喜びを語った。

「僕たちは進歩している。再び上位に位置できる。チームの首脳陣は、負傷が原因で、ベストなコンディションになかったにも関わらず、僕を信頼していることを証明してくれた。彼らの信頼に応えたい。」

「僕はスズキと一緒にまだMotoGPでやることが残っている。このチームと一緒に、表彰台、ポールポジション、優勝ができると思う。僕のキャリアをスズキで締め括りたい。」

2006年から所属する26歳のオーストラリア人ライダーは、「スズキに残ることになり、すごく嬉しい。ファクトリーチームで、チームのことをよく分かっている。お互いに尊重している。ここ3年間で、ライダーのレベルとバイクは、大きく成長した」と感想を語った。

「スズキは、僕にグランプリの扉を開いてくれ、3年間所属し、幾つかの表彰台だけでなく、優勝も挙げることができた。この関係を続けられることに満足だ。」

「複数のチームからオファーがあったけど、条件が満足するものであれば、常にスズキに残りたいと思っていた。幸運にもそのようになり、これからは、もっと高い戦闘力に到達するためにスズキをサポートし、優勝に向けて、トライするつもりだ。」

Tags:
MotoGP, 2008, Loris Capirossi, Chris Vermeulen, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›