Tickets purchase
VideoPass purchase

FP1:H.バルベラ、快走の1番時計

FP1:H.バルベラ、快走の1番時計

今季セッションで速さを見せるバルベラが、ライバルたちを圧倒するハイリズムで周回を重ねれば、青山は3番手。富沢は19番手だった。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行1は4日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、エクトル・バルベラがトップタイムをマークした。

気温34度。路面温度39度のドライコンディションの中、ランク4位のバルベラは、終盤に1分40秒台を突破すると、1分39秒212秒の1番時計を記録。2番手に0.472秒差のアドバンテージを広げ、初日を制した。

地元ムジェロで優勝したマティア・パシーニは、アグレッシブな走りで2番手に進出。

ポイントリーダーの青山博一は、確実にタイムを伸ばし、0.836秒差の3番手。ランク2位のアルバロ・バウティスタ、現125ccクラス王者のマイク・ディ・メッリオまでが、1分40秒台のリズムを掴んだ。

ランク3位のマルコ・シモンセリは、1.639秒差の7番手。

前戦は転倒により決勝レースをキャンセルした富沢祥也は、2度目のコースインで連続18ラップを走行。4.502秒差の19番手だった。

Tags:
250cc, 2009, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, FP1

Other updates you may be interested in ›