Tickets purchase
VideoPass purchase

WTR・サンマリノが体制を発表

WTR・サンマリノが体制を発表

2人のフランス人ライダーを起用するWTRが、今年もサンマリノ政府のバックアップを受けて、2クラスに挑戦する。

WTR・サンマリノ・チームは19日、サンマリノ政府の観光省官邸で2010年体制を発表した。

参戦7年目のシーズンに向け、Moto2クラスにバレンティン・デービスを、125ccクラスにヨハン・ザルコを起用。ルイス・カステルッチが指揮を執る。

Moto2クラスに唯一ADV製のプロトタイプマシンを使用することについて、同社のテクニカルディレクター、ロベルト・セボリーニは、「開発を前進させるために、チームのメカニックたちと直接的な関係を維持することが許され、グッドなリザルトの獲得を目指します」と、抱負を語った。

125ccクラスは、元レッドブル・ルーキーズ・カップ王者のザルコを継続起用。昨年11月にはスペイン選手権の終盤2戦にスポット参戦していた。

Tags:
Moto2, 2010, Johann Zarco, WTR San Marino Team

Other updates you may be interested in ›