Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:J.ロレンソ、逆転V

決勝レース:J.ロレンソ、逆転V

ロレンソが最終ラップで逆転。3年目の最高峰クラスで初の地元優勝を果たし、125ccクラスのエスパルガロ、Moto2クラスのエリアスに続き、地元スペイン勢の3クラス制覇に貢献した。

第2戦スペインGPの決勝レースは2日、ヘレス・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソが優勝。ポイントリーダーに飛び出した。

気温27度。路面温度44度のドライコンディションの中、2番グリッドのロレンソは、スタートで5番手に後退。一時はトップから3.7秒差のギャップを持ったが、周回を重ねる度にリズムアップ。最終ラップの6コーナーで、トップに飛び出し、最高峰クラス6勝目、キャリア通算27勝目を達成。

サーキットに駆けつけた12.6万人のファンを熱狂させる地元スペイン勢の3クラス制覇を果たした。

2番グリッドのペドロサは、ポールポジションからレースの主導権を握り、今季初の表彰台を獲得。4番グリッドのバレンティーノ・ロッシは3位。

5番グリッドのニッキー・ヘイデンは、2戦連続の4位。3番グリッドのケーシー・ストーナーは5位。9番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、単独走行で6位。

終盤7人による7位争いは、ミカ・カリオが制し、マルコ・メランドリ、ランディ・ド・プニエ、アルバロ・バウティスタがトップ10入り。

12番グリッドの青山博一は、オープニングラップで最後尾に後退。厳しい展開となり、14位でフィニッシュした。

チャンピオンシップは、今季初優勝を飾ったロレンソがポイントリーダーに飛び出し、ロッシに4ポイント差、ペドロサに16ポイント差のアドバンテージをつけた。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, RAC

Other updates you may be interested in ›