Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、リベンジを晴らしてシーズン3勝目

D.ペドロサ、リベンジを晴らしてシーズン3勝目

最高峰クラスで初のシーズン3勝目を達成。通算34勝目を挙げ、歴代優勝ランキングの13位に浮上した。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第11戦インディアナポリスGPの決勝レースで、5番グリッドから優勝。シーズン3勝目を飾った。

公式予選では、ソフトタイヤでタイムを伸ばすことができなかったが、ハードタイヤで優勝争いのリズムを掴むと、決勝レースでは、1分41秒前半のリズムで、ライバルたちを引き離す快走を見せた。

「すごく嬉しい。完璧なスタートではなかったけど、悪くなかった。リズムは良く、スピースを抜くことができた。バイクのパフォーマンスに満足。ストレートで速く、コーナーでもすごく機能していた」と、RC212Vの高い戦闘力に満足感を見せた。

「トップに立ってからは、集中力を維持するのが難しかった。終盤は本当に疲れた。昨年は勝つことができたのに、転んでしまったから、リベンジを晴らすことができて嬉しい。」

「シーズン2勝の壁を乗り越えたことも嬉しい。チームと一緒にグレートな仕事をした。来週のミサノもこのレベルを維持したい。」

今大会は、ハード(ソフト)とエクストラハード(ハード)の2タイプのタイヤが準備され、多くのライダーたちが、リアにハードタイヤを使用した中、ペドロサはエクストラハードを選択していた。

Tags:
MotoGP, 2010, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›