Tickets purchase
VideoPass purchase

第15戦マレーシアGP:125ccクラスプレビュー

第15戦マレーシアGP:125ccクラスプレビュー

トップ3のポイント差は、僅か13ポイント。高温多湿の舞台で、3連戦2戦目を迎える。

第15戦マレーシアGPは今週末、セパン・インターナショナル・サーキットで開催。ニコラス・テロールがポイントリーダーとして登場する。

第7戦カタルーニャGPで転倒したことから、2戦で0ポイントだったテロールは、後半戦の開幕戦となった第10戦チェコGPで復帰すると、2連勝の後に、3戦連続の2位。ポイントリーダーの座に返り咲いただけでなく、後半戦で最多のポイント数を稼いでいる。

中盤に一気に5連勝を達成したマルク・マルケスだったが、鎖骨骨折により、上位進出を逃し、ポイントリーダーの座を譲ったが、前戦日本GPで、通算7勝目を挙げ、6ポイント差に接近し、昨年ポールポジションを獲得した舞台に臨む。

第14戦アラゴンGPで地元優勝を果たしたポル・エスパルガロだったが、前戦は4位。13ポイント差に後退し、昨年表彰台を獲得したトラックで巻き返しを狙う。

前戦で今季4度目の表彰台を獲得したブラドリー・スミスは、ランク4位の座を強固とした。

4人によるランク5位争いは、小山知良が地元で転倒を喫したことから、サンドロ・コルテセとのギャップが20ポイントに広がった。

前戦のスタート直後に転倒を喫したエフレン・バスケスは、頭部を強打したことから、念のために精密検査を受けるために、ヘリコプターで宇都宮市内の病院に運ばれたが、特に異常はなく、ジョナス・フォルガーは、左肘と左手首を強打したが、2人とも参戦を予定している。

公式予選の転倒で右足を骨折したマルコ・ラバイオーリは、回復具合を確認する。

Tags:
125cc, 2010, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›