Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:M.マルケス、3戦連続10度目のポール奪取

公式予選:M.マルケス、3戦連続10度目のポール奪取

ランク2位のマルケスがフリー走行で連続1番時計を刻んだ後、今季10度目のポールポジションを奪取。小山が今季10度目のシングルグリッドを獲得した。

第15戦マレーシアGPの公式予選は9日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマーク。今季10度目のポールポジションを奪取した。

気温35度。路面温度52度のドライコンディションの中、2度のフリー走行を制したマルケスは、終盤に2分13秒台を2連発。2分13秒398の1番時計を刻み、2年連続のトップグリッドを獲得。

数字上はまだタイトル獲得の可能性があるブラドリー・スミスは、0.293秒差の2番手。今季10度目の1列目を獲得。

フリー走行で連続の2番時計を刻んだポイントリーダーのニコラス・テロールは、0.706秒差の3番手。今季12度目の1列目を獲得すれば、ランク3位のポル・エスパルガロは、0.707秒差の4番手。トップ4が2分14秒前半のリズムを掴んだ。

前戦日本GPでハードクラッシュに見舞われたエフレン・バスケスは、1.017秒差の5番手。サンドロ・コルテセ、エステベ・ラバット、ルイス・サロンが続いた。

フリー走行で11番手と10番手だった小山知良は、ラスト2ラップに2分15秒台に進出。2.096秒差の9番手に入り、今季10度目のシングルグリッドを獲得。

ランディ・クルメンナッハは10番手。フリー走行1で右手を骨折したダニー・ウェッブは12番手。前戦日本GPで右足を骨折したマルコ・ラバイオーリは23番手。

左手首を骨折したジョナス・フォルガーは、セッションをキャンセルした。

Tags:
125cc, 2010, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, QP

Other updates you may be interested in ›