Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:C.ストーナー、ホームで3年連続のポールポジション奪取

公式予選:C.ストーナー、ホームで3年連続のポールポジション奪取

ホーム4連勝を狙うストーナーが、圧倒的な速さで3年連続のポールポジションを奪取。王者ロレンソは2番手。ランク3位を争うロッシとドビツィオーソは、8番手と9番手。青山は13番手。左鎖骨骨折から復帰したペドロサは、15番手だった。

第16戦オーストラリアGPの公式予選は16日、フィリップアイランドで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。今季3度目のポールポジションを奪取した。

気温11度。路面温度22度。強風が吹き抜けたドライコンディションの中、フリー走行2で2番手から1番手に浮上したストーナーは、10ラップ目に1分31秒台を突破。最終ラップに1分30秒107の1番時計を記録し、第13戦アラゴンGP以来今季3度目、ホームグランプリ3年連続のトップグリップを獲得した。

王者ホルヘ・ロレンソは、1分31秒台のリズムを刻んだ後、1分30秒台を2連発。0.668秒差の2番手に進出。

初日は僅か3ラップの走行で切り上げたベン・スピースは、フリー走行2で3番手に浮上すると、1分31秒台のリズムで、1.279秒差の3番手。マルコ・シモンセリ、コーリン・エドワーズ、ニッキー・ヘイデン、ランディ・ド・プニエが続いた。

初日はセッティングに問題があったことを認めたバレンティーノ・ロッシは、1.520秒差の8番手。アンドレア・ドビツィオーソ、マルコ・メランドリがトップ10入り。

フリー走行2で12番手から16番手に後退した青山博一は、終盤に1分33秒台を連発。3.083秒差の13番手に入れば、骨折した左鎖骨の手術から2週間が経過したダニ・ペドロサは、23ラップを走行。3.277秒差の15番手だった。

Tags:
MotoGP, 2010, IVECO AUSTRALIAN GRAND PRIX, QP

Other updates you may be interested in ›