Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:C.ストーナーがドゥカティで通算20度目のポールポジショを奪取

公式予選:C.ストーナーがドゥカティで通算20度目のポールポジショを奪取

ストーナーがドゥカティでのラストレースに向けて、ポールポジションを獲得すれば、ロレンソ、シモンセリが続き、フリー走行総合11番手だったロッシが4番手に浮上。青山は最高峰クラス1年目のラストレースを15番グリッドから迎える。

最終戦バレンシアGPの公式予選は6日、リカルド・トルモで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。今季4度目のポールポジションを奪取した。

気温22度。路面温度31度のドライコンディションの中、フリー走行の総合タイムでトップに立ったストーナーは、1分31秒台を連発。1分31秒766の1番時計を刻み、4年間所属したドゥカティで通算20度目のトップグリッドを獲得した。

フリー走行2でトップタイムをマークして、初日を制したホルヘ・ロレンソは、コンスタントに1分33秒台のリズムで周回を重ねると、0.331秒差の2番時計を記録。

フリー走行1から4番手を維持していたマルコ・シモンセリは、今季最高位となる3番手に進出。

フリー走行総合で11番手だったバレンティーノ・ロッシは、4番手まで巻き返すと、ニッキー・ヘイデン、ベン・スピース、コーリン・エドワーズ、ダニ・ペドロサ、アンドレア・ドビツィオーソ、マルコ・メランドリがトップ10入り。

フリー走行総合で14番手だった青山博一は、1.544秒差の15番手。インターウェティン・ホンダでのラストレースを5列目から迎える。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, QP

Other updates you may be interested in ›