Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:T.エリアス、地元で今季3度目のトップグリッド獲得

公式予選:T.エリアス、地元で今季3度目のトップグリッド獲得

チャンピオンとして地元グランプリに凱旋したエリアスがポールポジションを奪取。ランク2位を争うイアンノーネとシモンは2番手と7番手だった。

最終戦バレンシアGPの公式予選は6日、リカルド・トルモで行われ、トニ・エリアスがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温23度。路面温度32度のドライコンディションの中、フリー走行総合9番手のエリアスは、1分36秒141の1番時計を記録。今季3度目のトップグリッドを獲得した。

初日にトップタイムを連発したステファン・ブラドルは、0.106秒差で自己最高位となる2番グリッドに進出すれば、フリー走行3を制したアンドレア・イアンノーネは3番手。スコット・リーディングが1分36秒台を最多の8回記録して、1列目を確保。

アレックス・デ・アンジェリス、ケナン・ソフォーグル、フリアン・シモン、カルメロ・モラーレス、カレル・アブラハム、トーマス・ルティがトップ10入り。

日本勢はフリー走行総合18番手だった高橋裕紀が、1.111秒差の22番手。國川浩道は、4.545秒差の最下位42番手だった。

Tags:
Moto2, 2010, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, QP

Other updates you may be interested in ›