Tickets purchase
VideoPass purchase

アラゴンでプライベート開始

アラゴンでプライベート開始

22人が第14戦の舞台に集結。気温30度を越えた厳しいコンディションの中、サーマーブレークまでの短期5戦に向けて準備が始まった。

Moto2クラスと125ccクラスのプライベートテストは25日、モーターランド・アラゴンでスタート。フリアン・シモンとニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

第14戦アラゴンGPの舞台に、125ccクラスの6人を含む22人が集結。気温31度。路面温度41度のドライコンディションの中、次戦カタルーニャGPからの7週間5戦に向けて、準備を開始した。

ランク2位のシモンは、厳しいコンディションに突入する前に、1分55秒090の1番時計を記録。ブラドリー・スミス、ラタパー・ヴィライロー、ハビエル・フォーレスが続いた。

デスグアセス・ラ・トーレ・G22は、スペイン選手権に参戦するカルメロ・モラーレスを召集。将来のレギュラー参戦を視野に入れ、モリワキを初めてテストすれば、ラファエレ・デ・ロサは、明日テストを実施する予定。

125ccクラスは、ポイントリーダーのテロールが2分00秒699の1番時計を記録。前戦で初優勝を飾ったマーベリック・ビニャーレスが2番手に入った。

ポンス・HP・40のアレックス・エスパルガロとアクセル・ポンスは、それぞれ転倒を喫した。

プライベートテストは、明日26日まで当地で開催される。

Tags:
Moto2, 2011

Other updates you may be interested in ›