Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ、2人体制でバルセロナに挑戦

レプソル・ホンダ、2人体制でバルセロナに挑戦

ルマンで4年10ヶ月ぶりに1・2フィニッシュをもたらしたストーナーとドビツィオーソが、高速トラックに挑戦する。

レプソル・ホンダは、第5戦カタルーニャGPにダニ・ペドロサが負傷欠場するが、前戦フランスGPで1・2位フィニッシュを決めたケーシー・ストーナーとアンドレア・ドビツィオーソの2人体制で挑戦する。

全セッションで1番時計を記録して、完全優勝で今季2勝目を達成したストーナーは、2007年に優勝したから4年連続して表彰台を獲得した舞台に挑む。

「ルマンのファンタスティックな週末の後、バルセロナが楽しみだ。お気に入りのトラックの1つだ。ダニは過去に僕たちのバイクが良く機能することを証明したから、グッドなセッティングが見つかり、速く、戦闘力があることを期待する。ポイントを挽回し始めたいと。」

「ダニの手術が上手く行ったことは嬉しかった。彼がホームレースを欠場することは残念だけど、早く復帰してほしい」と、チームメイトの早期回復を願った。

前戦で今季初の表彰台を獲得したドビツィオーソは、2008年から連続4位。昨年は優勝争い中に転倒を喫した。

「ルマンで2位に入った後で、グランプリを迎えられることが嬉しい。お気に入りのトラック。僕のライディングスタイルに合う。それに、RC212Vにとってもグッドなトラックだ。」

「高速コーナーを持つロングディスタンスのトラックは、リズムを掴めば最高だ。いつもグッドなリザルトを獲得した。グッドなパフォーマンスを再現するためにモチベーションが高い。」

「ダニには申し訳ない。リハビリが順調に進むことを願う」と、ペドロサへメッセージを送った。

Tags:
MotoGP, 2011, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, Andrea Dovizioso, Casey Stoner, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›