Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ&スピース、50周年で前戦のリベンジに挑む

ロレンソ&スピース、50周年で前戦のリベンジに挑む

ヤマハ発動機のグランプリ参戦50周年記念として、ロレンソとスピースの両雄は、赤と白を基調としたスペシャルカラーリングのM1で、伝統のアッセンに挑戦する。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソとベン・スピースは、今週末の第7戦TTアッセンで、グランプリ参戦50周年を祝福し、赤と白を基調としたスペシャルカラーで登場する。

前戦で26戦ぶりに転倒リタイヤを喫したロレンソは、ランク2位に後退したが、昨年ポール・トゥ・フィニッシュを決めた舞台で、ポイントリーダーにプレッシャーをかけに行く。

「全てのカテゴリーで優勝を挙げたアッセンは、お気に入りサーキット。今年は、ヤマハの50周年を祝うグランプリとなるから特別だ。」

「ポイントリーダーにプレッシャーをかけたい。今までと同じ仕事を継続する必要があり、チームは集中している。少なくても表彰台を獲得したい」と、タイトル連覇に向けて、上位に安定して進出することの重要性を訴えた。

2戦連続して表彰台争いを演じたスピースは、前戦の転倒を過去のことにすることを強調。気持ちを切り替えて、昨年4番グリッドから4位に進出したTTアッセンに挑む。

「アッセンに戻りたい。M1は良く機能するようだ。シルバーストンの転倒を過ぎたことにするため、全力を尽くしたい。50周年のセレモニーを発表するときに、ファンに会えることは最高だろう。」

Tags:
MotoGP, 2011, IVECO TT ASSEN, Jorge Lorenzo, Ben Spies, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›