Tickets purchase
VideoPass purchase

M.ビニャーレス、若干16歳で猛暑セパンを攻略

M.ビニャーレス、若干16歳で猛暑セパンを攻略

若干16歳でフィジカル面に厳しい猛暑のセパンを攻略して、メランドリのルーキー最多獲得ポイント記録を更新した新人王ビニャーレスは、ホームレースとなる最終戦で、2ポイント差に接近したランク3位に挑戦する。

ブルセンス・パリス・ヒルトン・バイ・レーシングのマーベリック・ビニャーレスは、第17戦マレーシアGPの決勝レースで、7番グリッドからトップでチェッカーを受け、今季3勝目を達成した。

第14戦アラゴンGPで今季7度目の表彰台を獲得して、新人王のタイトルを奪取。ランク3位に向けて着実にポイントを稼いできたが、第16戦オーストラリアGPでランク4位に後退。

7ポイント差を追って、初体験となる高温高湿のマレーシアに初挑戦すると、フリー走行1から5番手、7番手、5番手、7番手、4番手。トップタイムから1秒以上のギャップがあったが、決勝レースでは、オープニングラップで3番手に浮上して、トップグループ内に位置。最後は、ランク3位を争うサンドロ・コルテセとの一騎打ちに競り勝った。

「グレートなレースだった。すごく嬉しい。すごく暑かったから非常に難しかった。タイヤは太くて硬いのを選び、周りがタイヤ消耗に苦しむ中、終盤に入ってから全開で行くことができたから、それが勝利につながった」と、冷静に勝利の要因を分析。

「その反対に序盤は少し難しかった。序盤グループに食らいつくために無理しなければいけなかったけど、全てが上手く行った。シーズンのベストスタートで、バイクは高い戦闘力があった。チームが素晴らしい仕事をしてくれた。」

若干16歳でフィジカル面の準備が整っていることを証明し、マルコ・メランドリが125ccクラスにおける新人の最多獲得ポイント(202)を更新したスペイン人ライダーは、ランク3位とのギャップを2ポイント差に詰め、スペイン選手権の参戦で走行経験があるリザルド・トルモで、逆転ランク3位を狙う。

Tags:
125cc, 2011, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Maverick Viñales, Blusens by Paris Hilton Racing

Other updates you may be interested in ›