Tickets purchase
VideoPass purchase

M.マルケス、復帰へ秒読み

M.マルケス、復帰へ秒読み

医師団からポジティブな診断結果を受け、昨年10月の第17戦マレーシアGP以来136日ぶりにMoto2マシンを走らせたマルケスが、スペイン国内でプライベートテストを実施することとなった。

チーム・カタルーニャ・カイシャ・レプソルは6日、マルク・マルケスが8日から2日間、スペインのアルバセテ・サーキットでプライベートテストを実施することを発表した。

昨年10月の第17戦マレーシアGPで転倒を喫した際に、頭部を強打。その影響により二重視を訴え、自然治療による回復を目指していたが、転倒から87日後の1月16日にバルセロナ市内の病院で右上斜筋麻痺を克服する手術を受け、今年2度のオフィシャルテストを欠場。

2月22日には、パーソナルスポンサーの発表会のため、記者会見に出席すると、視力障害から順調に回復していることを明かにしたが、復帰時期は未定であることを説明していた。

5日、バルセロナ市内の病院で精密検査を受け、医師団からポジティブな診断結果を受けたことから、6日にバルセロナ近郊のアルカラス・サーキットでスーパーモタードを走行した後、手術から50日後、第17戦マレーシアGP公式予選以来136日ぶりにシューターに乗り込み、8ラップを周回した。

チームは、マルケスの回復状況を確認した後、早期復帰を目的に、スペイン選手権とヨーロッパ選手権の開催舞台であるスペイン南東部のサーキットでテストを実施することを決断した。

Tags:
Moto2, 2012, Marc Marquez, Team Catalunya Caixa Repsol

Other updates you may be interested in ›