Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By motogp.com

トラックレイアウトとタイムスケジュールの変更

2日目からF1のレイアウトを使用。フリー走行3の走行時間を拡大。

ドルナスポーツは3日、参戦チーム及び参戦ライダー、セーフティコミッション、故ルイス・サロン家族の合意により、第7戦カタルーニャGPの2日目からトラックレイアウトとタイムスケジュールを変更して、グランプリを継続すること発表した。

初日終了後のセーフティコミッションには、マルク・マルケス、カル・クラッチロー、アンドレア・ドビツィオーソ、アンドレア・イアンノーネ、アルバロ・バウティスタ、アレイシ・エスパルガロ、アレイシ・エスパルガロ、ポル・エスパルガロ、ブラドリー・スミス、ジャック・ミラー、ティト・ラバットが出席。2日目からF1世界選手権で使用するレイアウトを使用することで合意。

このレイアウトは、2年前のオフィシャルテストで試したが、通常使用されるレイアウトと比較して、スポーツ面において、要求が厳しく、あまり魅力的ではないことから、グランプリレーシングに選出されなかった。

参戦ライダーたちは、レイアウトに対処する必要があることから、2日目の走行時間を拡大。最初のセッションとなる軽量級クラスのフリー走行3は、9時00分から8時40分に開始時間が早まり、走行時間が40分間から55分間に拡大。最高峰クラスと中量級は、45分間から60分間に拡大される。

軽量級の公式予選からは、予定通りのスケジュールに戻り、日曜のウォームアップ走行と決勝レースに変更はない。

Support for this video player will be discontinued soon.

トラックレイアウトの変更