Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By Avintia Racing

バルベラ:「この結果を友人に捧げる」

フリー走行3とフリー走行4で連続13番手だった後、公式予選で4番手にジャップアップ。

アビンティア・レーシングのエクトル・バルベラは、第7戦カタルーニャGPの公式予選でポールポジションタイムから0.733秒差の4番時計。明日の決勝レースを今季の最高位、ドゥカティ勢の最高位から迎える。

初日総合7番手だった後、2日目はフリー走行3で13番手に大きく後退。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで12ラップを周回すると、1分47秒台を5回記録して13番手。

「すごく嬉しい。今日一日を通じて良い仕事をしたと思う。公式予選2に直接進出できなかったけど、公式予選1では全開でプッシュした。快適で自信があった。公式予選2に進出したことで、爆発的なモチベーションを与えてくれた。トラックのどこでタイムを縮めることができるか、明白に解っていて、最高の4位を獲得した。週末を通じて良くなり、2列目からのスタートは、チーム、スポンサー、僕にとっても信じられないことだ。」

「この結果を友人(ルイス・サロン)と彼の家族に捧げたい。彼の名誉のために、グレートなレースにしたい」と、2日目を振り返り、意気込みを語った。