Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By motogp.com

公式予選:総合1位ビンダーが今季2度目のPP奪取

ビンダー、アントネッリ、ナバーロが1列目に進出。尾野と鈴木は11番手と24番手。

第7戦カタルーニャGPの公式予選は4日、バルセロナ-カタルーニャ・サーキットで行われ、ポイントリーダーのブラッド・ビンダーが今季6度目のトップタイムをマーク。第2戦アルゼンチンGPに続いて、今季2度目のポールポジションを獲得した。

気温27度、路面温度43度のドライコンディションの中、フリー走行3で9番手のビンダーは、3度のコースインで14ラップを周回すると、1分55秒台を4回、1分54秒台を2回記録。1分54秒024の1番時計を刻んだ。

フリー走行3で2番手のニッコロ・アントネッリは、3度のコースインで13ラップを周回すると、1分55秒台を3回、1分54秒台を4回記録して、0.054秒差の2番手を維持。今季2度目の1列目を獲得すれば、フリー走行3で1番手に浮上したホルヘ・ナバーロは、3度のコースインで15ラップを周回すると、1分55秒台を4回、1分54秒台を最多の5回記録して、0.088秒差の3番手。今季4度目の1列目を確保した。

フリー走行3で11番手のニコロ・ブレガは、0.107秒差の4番手。フリー走行3で5番手のエネア・バスティアニーニ、フリー走行3で16番手のカイルール・イダム・パウィ、フリー走行3で13番手のフランセスコ・バグナイア、フリー走行3で18番手のジュール・ダニーロ、フリー走行3で3番手のアロン・カネト、フリー走行3で4番手のロマーノ・フェナティがトップ10入り。

フリー走行3で6番手の尾野弘樹は、3度のコースインで13ラップを周回すると、1分55秒台を1回、1分54秒台を1回記録して、0.702秒差の11番手。フリー走行3で27番手の鈴木竜生は、3度のコースインで15ラップを周回すると、1分56秒台を4回、1分55秒台を1回記録して、1.494秒差の24番手だった。