Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Estrella Galicia 0,0 Marc VDS

ミラー:「骨折以来、初めてモトクロスに乗った」

1月17日に右足脛骨と腓骨を骨折して以来、約半年振りにモトクロストレーニングを実施。

エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSのジャック・ミラーは、最高峰クラス25戦目となった前戦TTアッセンで初優勝を挙げ、総合20位から13位に浮上。今週末は、2011年にタイトルを獲得したドイツ選手権に参戦、フル参戦を開始した2012年から4位、7位、優勝を挙げ、昨年18番グリッドから15位に進出したザクセンリンクに乗り込み、インディペンデントチームライダー部門の最高位を目指す。

「アッセンのような感動をもう一度味わいたい」

「アッセンは夢の実現だったけど、今週末のドイツで戦闘的になれるように集中する必要がある。過去に幾つかの成功を収めたサーキットだけど、簡単な週末にはならないだろう。トラックはホンダにすごく合うから、モチベーションとなる。もう一度強くなれるはずだ。」

「ここ4戦で僕たちは大きく進歩した。冬に負傷した脚は徐々に回復している。先日、1月に脚を骨折して以来、初めてモトクロスに乗った。良い感触があった。パワーが問題ではないけど、固定プレートが原因で可動域に限界がある。さあ、チームと一緒に懸命に働き、アッセンのような感動をもう一度味わいたい」と、意気込みを語った。