Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By Ducati Team

イアンノーネ、フリー走行4で最速時計

予選の転倒で上位進出を逃したが、レースシミュレーションのフリー走行4で週末2度目の1番時計を記録。

ドゥカティ・チームのアンドレア・イアンノーネは、第9戦ドイツGPの公式予選2で、今季7度目の転倒を喫して、ポールポジションタイムから0.730秒差の9番手。明日の決勝レースを3列目から迎える。

初日総合2番手だった後、2日目はフリー走行3で0.107秒差の2番手を維持。レースシミュレーションとなるフリー走行4では、2度のコースインで最多の18ラップを周回すると、1分22秒台を7回記録し、フリー走行1に続き、週末2度目、今季14度目の1番時計を刻んだ。

「フルタンクで中古タイヤを履き、グッドなペースで速かった」

「僕たちは週末を通じて常に速く、戦闘力があったから、予選でポテンシャルを活かすことができなかったことは残念。ベストセッションは、レースシミュレーションとなったフリー走行4。フルタンクで中古タイヤを履き、グッドなペースで速かった。」

「予選で最初のタイヤを履いたときに、フロントを失って転んでしまったのは不運だった。ここではフロントからのスタートが非常に重要だから、目標だった2列目を獲得できなかったのは残念」と、転倒と予選を振り返った。