Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Aprilia Racing Team Gresini

ロースがアプリリアのテストに合流

ミサノでの初テストに引き続き、レッドブル・リンクで2度目のテストを実施。フィーリングが向上していることを説明。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニは、19日から2日間、19年振りにチャンピオンシップに復帰する次戦オーストリアGPの開催地、ホームトラックのレッドブル・リンクで実施されたプライベートテストに参加。来季からの起用が決定しているサム・ロースを招集。

レギュラーライダーのアルバロ・バウティスタ、テストライダーのマイク・ディ・メッリオと共にピットボックスを共有した25歳の英国人ライダーは、6月下旬にミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリで実施したプライベートテストに引き続き、2度目のテスト参加となり、58ラップを周回した。

「バイクのセットアップを始め、現時点でのレベルに満足」

「初めてのテストの後、RS-GPの感触が良くなり始めてきた。これはポジティブな傾向だ。僕のライディングスタイルに適応するようにバイクのセットアップを始め、コースインの度に良くなった。アプリリアとのテストスケジュールがこの先に計画されているけど、現時点でのレベルに満足。」

「トラックはナイスだ。幾つかのコーナーはタイトで、流れるようなセクターもある。全体的に楽しい。学習するにはそれほど難しくない。ブラインドコーナーに対する正しい参考点を覚える必要がある」と、テストとトラックの感想を語った。

推奨記事