Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By Team Suzuki Ecstar

エスパルガロ兄、指の骨折が原因でリタイア

初日の左手中指骨折が影響。完走を目指したが、転倒のリスクが高まり、リタイアを決断。

チーム・スズキ・エクスターのアレイシ・エスパルガロは、第10戦オーストリアGPのフリー走行2で今季8度目の転倒を喫した際に左手中指を骨折。2日目のプラクティス開始前にメディアカルチェックを受け、参戦の許可が下ると、初日総合18番手から6番手、5番手に浮上。

9番グリッドからスタートした決勝レースでは、22ラップ目まで11番手を走っていたが、25ラップ目、ラスト4ラップにリタイアを決断。

「来週はブルノのレースが控えているから、1日も早く回復しないと」

「非常に、非常に厳しいレース。最終的にリタイアを強いられた。できることを全力で尽くしたけど、手の痛みが激しかった。序盤は大きな自信があった。心配していたスタートがすごく良かった。バイクの信頼感があったから、グッドなペースで追いかけることができた。タイヤが消耗すると、それが原因でバイクの不安定感が増した。それは通常のことで、ハンドルバーの操縦が要求されるようになり、当然、怪我が原因で問題になってしまった。」

「完走したかったけど、ペースが大きく落ちてしまい、転倒のリスクが冒す意味はなかった。それに、来週はブルノのレースが控えているから、慎重になり、1日も早く回復しなければいけない」と、リタイアを決断した理由を説明した。