Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Octo Pramac Yakhnich

ペトルッチ「ユージンに謝りたい」

ラバティの転倒を引き起こした走行により、グリッドポジションを3つ降格する裁定が下された。

オクト・プラマック・ヤクニックのダニロ・ペトルッチは、第10戦オーストリアGPの決勝レースで、13番グリッドから10位争いを展開。最終ラップの最終コーナーで11番手を走るユージン・ラバティのイン側に進入した際に追突。11位でフィニッシュしたが、ラバティが転倒したことから、チャンピオンシップのスチュワードパネルは、無責任な走行を理由に3ポイントのペナルティを科すことを決定した。

「僕は彼を抜きたかっただけ。フロントを失ってしまった」

「最初に、ユージンに対してヒットしてしまったことを謝りたい。僕は彼を抜きたかっただけ。アタックしようとしただけ。しかし、そこでフロントを失ってしまい、ブレーキを離さなければいけなかった。本当に申し訳ない。」

「今回は非常に難しい週末になってしまった。正しいセットアップが一度も見つからなかった。レースペースは悪くなかったけど、序盤にミスが多かった。神様に週末を終えられたことを感謝したい。来週はブルノだ。早く走りたい」と、転倒の原因となった接触を謝罪し、週末を振り返った。