Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Avintia Racing

バルベラ「残り10ラップは限界の走りだった」

失格した前戦を一掃する走りで優勝、表彰台争いを展開。インディペンデントチームライダー部門の総合1位に対して、5ポイント差に接近。

アビンティア・レーシングのロリス・バスは、第11戦チェコGPの決勝レースで、フロント、リアともにレインタイヤのソフトコンパウンドを選択。5番グリッドからトップグループを追走すると、13ラップ目にチャタリングが発生。ペースを落とすことを強いられたが、第2戦アルゼンチンGP以来、自己最高位タイとなる5位を獲得した。

「ロリスを祝福したい。彼にはこの結果が必要だった」

「グッドなレースができて嬉しい。テクニカルトラブルが発生したから、残り10ラップは少し限界の走りだった。その中で僕は全力を尽くした。タイヤを温存し、可能な限り繊細に走ることに努めたけど、終盤は厳しかった。とにかく、僕たちは上位陣に接近している。遅かれ早かれ、グッドなリザルトを獲得できるはずだ。」

「懸命に働いてくれたチームに感謝したい。ロリスを祝福したい。困難なシーズンの中でこの結果が必要だった。不振からの脱出となるだろう」と、表彰台争いから遅れた原因を説明し、チームメイトの4位獲得を喜んだ。