Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By LCR Honda

クラッチロー「ラップタイムに大満足」

英国人としては、ゼッケン番号と同じ35年振りとなる優勝を決め、ホームレースを前に充実したテストを実施。

LCR・ホンダのカル・クラッチローは、キャリア初優勝を挙げた第11戦チェコGPの開催地、アウトモトドローム・ブルノに延滞して、シーズン3度目のオフィシャルテストに参加。サスペンション、ホイール、エンジンマップのテストプログラムに加え、ミシュランが2017年の投入に向けて開発を進める2タイプのフロントタイヤを検証。最多となる14度のコースインで63ラップを周回すると、1分57秒台を8回、1分56秒台を5回記録して、0.879秒差の4番手に進出した。

「ポジティブなテストとなった。ラップタイムに大満足。ミシュランから供給されたフロントタイヤを試し、ホンダのために2つほどのアイテムもテストした。午前中、トラックが汚れていたから、遅くまで仕事を実施することを強いられたけど、1日中懸命に働いてくれたチームに感謝したい。シルバーストンに向けて幾つかポジティブことを持って行けるだろう」と、収穫を得たことを説明した。

The day job // @calcrutchlow #CzechTest #WinnerWinnerChickenDinner ????????

MotoGPさん(@motogp)が投稿した写真 -